アウトドア通信

アウトドアグッズなどに関する総合サイト

B'TWIN(ビトウイン)ROCKRIDER 5.1 C1 M

世界初。自転車大国フランス以外で、世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスを冠した自転車レースはこれが初めてとなる「さいたまクリテリウムBY ツールドフランス」が先日さいたまで開催されました。

日本人選手26人を含む各国のトップ選手56人が参加。

周回コース(2.7キロ)20周で競ったメーンレースでは、今夏のツール・ド・フランス覇者クリストファー・フレーム選手(英・28)が

優勝を飾りました。

多くの人が、一流選手の走りに熱狂したレースでした。

~一部報道紙抜粋


■その自転車大国フランスのメーカー、B'TWIN(ビトウイン)は、世界16カ国で240万台の販売実績を誇る、フランスのオキシレングループのサイクルブランドです。

ブランドコンセプトは「B'Twin my life path」、「自転車であなたの人生を豊かにすること」をコンセプトとしており、可能な限り最高の品質と満足いく価格を実現しています。


icon
icon
B'TWIN(ビトウイン)ROCKRIDER 5.1 C1 M
icon


<仕様>
●軽量なアルミフレーム採用のBtwinの世界的大ヒットMTB「Rockrider」が日本初上陸

●入門者向けのMTB。通勤等に最適なモデルです。

日本独占販売、サイズはLとM。




ROCKRIDER詳細Page
icon

特価34,800円


■そしてこちらは、ディスクブレーキがあるマウンテンバイク。ちょっとだけ冒険して林道を走る。
街中でも、少しはスポーティに走る。


icon
icon
B’TWIN(ビトウイン)ROCKRIDER 5.2 M
icon

<仕様>
●軽量なアルミフレームにフロントサスペンション、ディスクブレーキ採用のBtwinの世界的大ヒットMTB「Rockrider」が日本初上陸
●通勤等のシティライドからオフロードまで幅広く対応できる
●初めてのスポーツバイク。最初の1台に最適なモデルです。サイズはLとM。

ROCKRIDER詳細Page
icon

特価43,800円

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/10/31|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

B' TWIN (ビトウイン) TILT 5 ASPHALT

日本上陸です。フランスの自転車メーカー「B' TWIN」の革命的折りたたみ自転車の登場です。


icon
icon
B' TWIN (ビトウイン) TILT 5 ASPHALT
icon



●TILTは2つの特許を取得しています。(1)ワンタッチで瞬時にフレームが開閉できる【Pop Up】(2)シートポストのワンタッチ高さ調整【Easy Clamp】

つまりは、「折りたたみ」「広げる」といった時間を一気に短縮。操作もいたって簡単です。

●しかもたたんだ状態でタイヤが転がります。持ち運びが便利です。

●SRAMの内装3段変速機採用。ストレスなく走行できます。

●駐輪場が狭いといった方などには、最適です。

*B'TWINのTILT、2013年のレッド・ドット・デザイン賞(世界最大規模のデザインコンテストでデザインの革新性や機能、品質など9つの評価基準により選定される賞。

格式も高く、世界的にも権威のあるデザイン賞)を受賞しました。


価格59,800円

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/02/03|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクリングで街探索

街角を自転車で探検することは、普段あまり見かけない光景やお店などを発見することになるかもしれません。歩くでもなく

そして車ほどのスピードでもない自転車ならではのスピードで、色々なことを新たに見つけることができる空間だと思います。

自宅から身近な街を走るのも、また車などに自転車を積み込み、とある気に入った街で車を停めてそこから街を探索することもできます。

電車などを使い自転車を運んでそこから探検ということも。

ということでそんな自転車独特の空間を導き出し、楽しむことで今までにない街の新たな魅力を探索するための

アドバイスを下記に掲載してみます。

<コースを決める際のポイント>

■初心者や体力にあまり自信のない人は、きちんと計画を立てる。

*タウンガイドや地図をもとにして、無理のない計画を立てる。
*初心者などには15キロ~20キロぐらいのコースを目安とする。平均時速約15キロとして、走っている時間は約1時間。休憩などに1時間とる。

■街乗りに慣れてきたら、あまりタウンガイドに頼らないほうが楽しい。

*街乗りに慣れてくると、自分の足と目で何かを発見したくなるもの。これが、街乗りの最大の楽しみです。
*また、おのずと効率のいいサイクリングが身につくので

少々行きあたりばったりでもスタミナ面は大丈夫でしょう。
*上級になっても、無理はしない。走行距離はせいぜい30キロ~40キロ、数時間にとどめておくべき。


<コースの設定方法>

■リバーサイド
長い直線をゆったり走りたければ、サイクリングロードのある川沿いがおすすめ。
したがって、適度な運動にもなるうえ、ストレス解消にもってこいです。

■街中
いわゆる"道草"感覚で、お店や街並みなどの発見をしたいときにいい。当然、人通りが多いので歩く人に細心の
注意をはらう必要がある。
車道を走る時はスピードを出したくなるが、交通ルールは絶対守ること。

■パークサイド
広いスペースを自分の庭のように走りたい時は、公園がおすすめ。
サイクリングをしながら森林浴の爽快感を堪能したければ、天気のいい日の公園が最適です。


<快適なサイクリングのための必需品>

*地図
迷った時のために、雑誌の切り抜き地図や散策マップなど、周辺情報が載っている地図が便利。
*手袋
転んで手をついたときに、大きなケガをしないですむ。
*水
水分補給に、小さなペットボトルなどを必ず携帯したい。もちろん、行き先で調達してもいい。
*おやつ
とっさのエネルギー不足に備えるために。
*カメラ
気に入った風景やシーンをスナップ。街乗りサイクリングの楽しみが増える。
*ライト
暗くなったら、ライトをつけて走る。道を照らすだけでなく、車や通行人に存在を知らせ、事故防止になる。
*ショルダーバッグ
以上の荷物を入れるため、リュックよりショルダーバッグがおすすめ。バッグをいちいち下ろさずにものの出し入れができる。

~サイクル関連誌参照

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/01/19|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

B'TWIN(ビトウィン)

B'TWIN(ビトウィン)は、フランスのOxylaneグループのサイクルブランド。世界では16ヶ国、240万台の自転車を販売しているということで、

下記のYouTubeを見ましたが、キャリーバックのように手軽に持ち運ぶことができ、イザというときにはサッと便利な

自転車に早代わりする携帯用サイクルとでも表現できるような、街中などでは非常に重宝する商品だと思います。

まだ販売はしておりませんが、まもなくナチュラムで販売が開始されるということです。注目の自転車だと思います。


■自転車革命、日本上陸。


NATURUM特設サイトへ

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/11/25|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅する自転車の本 Vol.2

旅の自転車として忘れられつつあった「ランドナー」をクローズアップするシリーズの第2弾。


icon
icon旅する自転車の本 vol.2
icon


今回は「スポルティーフ」という車種に注目します。


価格1,680円

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/05/26|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CYCLO TOURIST 旅と自転車 Vol.2

■自転車と旅が好きな人のためのツーリング情報誌。Vol.2では、日本の峠100選をはじめ、新世紀軽量スポルティーフ計画、ディレイラー進化論などを収録。


icon
iconCYCLO TOURIST 旅と自転車 Vol.2
icon


第二号の特集は、サイクリスト永遠のテーマ「峠」。経験豊かなベテランが選んだ「日本の峠100選」は永久保存版です。


そして峠越えを楽しく、快適なものにするために、軽量化やギヤ比のノウハウを大紹介。ハード、ソフトの両面で峠ランをサポートします。


価格1,575円

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/05/26|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドッペルギャンガーd9 Midtown Rush

「Midtown Rush(ミッドタウン・ラッシュ)」のサブネームのごとく、都心地区の(自動車)渋滞を尻目に、軽快に走り去る様子、

渋滞とは無縁の快適さ、そして誰からも急かされることなく「自分のスピード」で走る様子をイメージした1台。


icon
icon
ドッペルギャンガーd9 MidtownRush
icon



ダイヤモンド形状ながらも、チューブの太さを場所により変えた700c異型断面新型アルミフレームを採用。角(カド)のある断面を持ち、


陰影による表情の変化が斬新な印象を与ます。


ペイントリム、前後ディスクブレーキ、オレンジカラーのブレーキワイヤ&チェーン、細部のアルマイトオレンジパーツ、ホワイトのハンドルバー&ステム、


シマノ21段変速、白/黒/オレンジで統一した外観などDOPPELGANGERらしいデザインと機能性のバランスを実現した1台


特価53%OFF

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/05/20|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドッペルギャンガーD17 Crosstown Rush

「アクの強い」、しかしさわやかな印象を残すカラーバランスを持ち、カスタムバイクさながらの存在感を持って生まれた車種、D7 ballistic。


icon
icon
ドッペルギャンガーD17 Crosstown Rushicon



●刻々と変化するロードインフォメーションに対応し、自分の速度で市街地を駆け抜けるために生まれた車種、d9 Midtown Rush。

●D7とd9、2つの車種が培ったノウハウをハイブリッドさせ、更なる進化を遂げた車種が、このD17 Crosstown Rushです。

●700C異型断面アルミニウムフレーム

●前後ディスクブレーキ

●700Cエクストラ・ディープリム(ペインテッド)、ハブ、スポーク

●シマノ製7段変速(リヤ)+トリプルチェーンリングなどを採用しています。
バイヤーブログはこちらから!

特価53%OFF

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/05/20|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめサイクリングコース/大規模自転車道

颯爽と風を切って走るサイクリングには最適で、爽快な季節がやって来ます。下記は以前掲載されていたランキングの詳細です。

このような大規模自転車道は、国土交通省が指定し都道府県が整備する道で全国に135路線もあるとのことです。(2010年8月現在)

おすすめサイクリングコース

上記ランキングをみると北海道地区が多く入っておりますが、やはりサイクリングとえいども街中を走るよりも大自然の

中を疾走するほうが、爽快であるということからなんとなく、うなずけるようなところはあります。

なお以前自転車愛好家が、遠出するときは、自転車を分解して袋に入れて鉄道などを利用する「輪行」や、自家用車に積んでいく

場合が多く、初心者などにはなかなか困難でしたけれども、ここに掲載されている自転車道は、周辺地域を含めると

レンタルサイクル施設があるので、その辺は初心者でも利用しやすくなっているということです。

ちなみに都内などでは、東京マラソンコースなど観光名所を走るイベントが、ここのところ増加しているとのことで

健康志向や環境にやさしいということなどで、今後とも自転車ブームは続いていくようです。

>>>

アウトドア&スポーツ ナチュラム

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2012/04/08|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CAPTAIN STAG  リトリート2406クロスバイク

ストップ&ゴーの多い街中では大活躍!!24インチミニベロ(小径車)なので20インチよりラクラク♪通勤・通学にお勧めです。カラーも三色展開です。


icon
icon
CAPTAIN STAG  リトリート2406クロスバイク
icon


●ナント24インチのデザインバイク!タイヤを小さくし取りまわし易くしました。


●シンプルなスタイルが街にピッタリハマリます!


特価12,800円

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2011/09/09|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ