アウトドア通信

アウトドアグッズなどに関する総合サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. --/--/--|
  2. スポンサー広告

雪山への登山

先日とある番組で雪山登山の特集をやっていたので早速見てみることに。雪山へはスキーなどで出かけたことで多少のイメージはありましたが、

こと標高の高い雪山の登山ともなりますと、まったく勝手が違ってきます。

下記写真は雪山ならではの雪景色です。


*樹氷
樹氷

*エビのシッポ
エビのシッポ

*スターダスト
スターダスト

*スターダスト(拡大)
スターダスト(拡大)

*雪山への登山でのポイントは下記の通りです。

■余裕のある計画
冬山への登山の大前提として、天候の悪い時には行かない。(気象情報をこまめにチェックすることが必要です。)

また日が短いので素早い行動などは困難になります。

従って午後3時には、宿舎やテントなどに戻っている方向で計画を立てることが重要とのこと。

■万全の装備
冬でも汗はかきます。そこで下着は大切で、化学繊維のものやウールなどひんやりしない物が良い。
帽子など顔を隠すものや、手袋

などの他に

アルミの保温性シート(コンパクトになります)を携行していけば、いざという時に、たとえばケガをした時など
必要性が高まりますので、

こころの余裕として、ひとつ持っていった方が良いといったことでした。

■凍らない携行食
ほしいも、カステラ、蒸しパンなど凍ってしまわない物がいいということです。また甘納豆やナッツ系なども携行食として良いのではということでした。そしてこれ等をこまめに食べる。


なお「行けるところまで行くというのはダメ」
行ける所の途中で
判断して引き返さないといけません。つまりもっと手前で判断し返って来ることが重要になるということです。

雪山は、夏山とも違って危険な状況なども多く、万全には万全を重ねて登ることが大切だということには違いないと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/01/27|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクリングで街探索

街角を自転車で探検することは、普段あまり見かけない光景やお店などを発見することになるかもしれません。歩くでもなく

そして車ほどのスピードでもない自転車ならではのスピードで、色々なことを新たに見つけることができる空間だと思います。

自宅から身近な街を走るのも、また車などに自転車を積み込み、とある気に入った街で車を停めてそこから街を探索することもできます。

電車などを使い自転車を運んでそこから探検ということも。

ということでそんな自転車独特の空間を導き出し、楽しむことで今までにない街の新たな魅力を探索するための

アドバイスを下記に掲載してみます。

<コースを決める際のポイント>

■初心者や体力にあまり自信のない人は、きちんと計画を立てる。

*タウンガイドや地図をもとにして、無理のない計画を立てる。
*初心者などには15キロ~20キロぐらいのコースを目安とする。平均時速約15キロとして、走っている時間は約1時間。休憩などに1時間とる。

■街乗りに慣れてきたら、あまりタウンガイドに頼らないほうが楽しい。

*街乗りに慣れてくると、自分の足と目で何かを発見したくなるもの。これが、街乗りの最大の楽しみです。
*また、おのずと効率のいいサイクリングが身につくので

少々行きあたりばったりでもスタミナ面は大丈夫でしょう。
*上級になっても、無理はしない。走行距離はせいぜい30キロ~40キロ、数時間にとどめておくべき。


<コースの設定方法>

■リバーサイド
長い直線をゆったり走りたければ、サイクリングロードのある川沿いがおすすめ。
したがって、適度な運動にもなるうえ、ストレス解消にもってこいです。

■街中
いわゆる"道草"感覚で、お店や街並みなどの発見をしたいときにいい。当然、人通りが多いので歩く人に細心の
注意をはらう必要がある。
車道を走る時はスピードを出したくなるが、交通ルールは絶対守ること。

■パークサイド
広いスペースを自分の庭のように走りたい時は、公園がおすすめ。
サイクリングをしながら森林浴の爽快感を堪能したければ、天気のいい日の公園が最適です。


<快適なサイクリングのための必需品>

*地図
迷った時のために、雑誌の切り抜き地図や散策マップなど、周辺情報が載っている地図が便利。
*手袋
転んで手をついたときに、大きなケガをしないですむ。
*水
水分補給に、小さなペットボトルなどを必ず携帯したい。もちろん、行き先で調達してもいい。
*おやつ
とっさのエネルギー不足に備えるために。
*カメラ
気に入った風景やシーンをスナップ。街乗りサイクリングの楽しみが増える。
*ライト
暗くなったら、ライトをつけて走る。道を照らすだけでなく、車や通行人に存在を知らせ、事故防止になる。
*ショルダーバッグ
以上の荷物を入れるため、リュックよりショルダーバッグがおすすめ。バッグをいちいち下ろさずにものの出し入れができる。

~サイクル関連誌参照

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/01/19|
  2. サイクル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノーピーク(snow peak) コンパクトスモーカー

本格的な料理を目指すキャンパ-に最適なコンパクトスモ-カ-。燻製といえばよくダンボールなどを簡単にしたもので

作られているスモーカーなどで料理する光景をテレビなどで見かけますが、こちらは本格的に燻製料理を行うのに

適したスモーカー。スモーキングは、アウトドアシーンなどには欠かせない料理方法の一つです。


icon
icon
スノーピーク(snow peak) コンパクトスモーカー
icon



燻製料理にチャレンジ!本格的な料理を目指すキャンパ-に最適なコンパクトスモ-カ-。このコンパクトスモーカーでソーセージや釣ったマス等を


簡単に薫製(くんせい)が楽しめる便利グッズ、釣った魚を薫製にして食すことができます。


価格9,975円



■この商品は家庭内でも使える便利なスモーカー。

icon
iconSOTO スモークポット
icon

・家庭内でも使える、可愛らしいデザインのスモーカー。今なら本体のお値段そのままで、スモークチップがセット!

オリジナルレシピ集付きなので、初めての方でも気軽にできます!

価格3,700円


■燻製豆知識
・生で食べられるものでも、燻製にするとさらに風味が増し、食欲をそそるものも多い。
はんぺん:チーズ:かまぼこなど

・たらこなどは、セロハンなどで包み、感想を防ぐ。
・スモーク材はウッドとチップの2種類ある。ウッドは1本で約5時間燻製できます。

・スモーク材は魚介類はナラ、肉類にはサクラが相性がよい。あとはブナ、リンゴなどもあります。



アウトドア&スポーツ ナチュラム

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/01/13|
  2. クッキング用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イエローストーン国立公園

■四国の約半分の面積を持つ、世界で最初の国立公園「イエローストーン国立公園」。
このイエローストーン国立公園は、ワイオミング州を中心に、アイダホ、モンタナ州にかかる8987平方キロメートル、

の広大な広さを持つ大自然。

そこには、原生林もあれば、湖も、定期的に熱水を吹き上げる間欠泉もある。

さらには、地中のマグマだまりから温泉を噴出すマッドポットもあるし、実に大きな滝や、マスの釣れる清流もあります。

また熊も居ればバッファロー(アメリカバイソン)、狼、そして大きな角をもつムースや、コヨーテ、米国のシンボルである白頭鷲もいます。

イエローストーン国立公園


*温泉にバクテリアや藻が繁殖して黄色やオレンジ色に輝くイエローストーン国立公園

*トレイルを歩く。ここではまだ地球は創世記。
イエローストーン国立公園

*雪のように見えるのは石灰質
イエローストーン国立公園

*グランドキャニオンをほとばしり落ちるロウアー滝 落差93メートルグランドティトン国立公園

その他、オールドフェイスフル・ガイザーは65分おきに4万リットルの水を50メートルの高さに吹き上げるといった場所もあります。

この公園を見て回るには少なくとも車で4日は必要だとのことです。

許可さえ得ればキャンプもでき、釣りも、奥地にバックパッキングもできます。大国アメリカならではのスケールの大きな

自然がそのまま公園になっているといった感で、ここでは、地球の造山活動が目の前で見られ、

そして自然が変化していくその最中に立つことができる。

■このイエローストーン国立公園のすぐ南に隣接しているのが、グランドティトン国立公園。以下の写真がそれですが、

イエローストーンの美が地球の創世記を感じさせる異様な情景であるとすれば、この国立公園は、山河の輝きが美であるといえます。


*映画「シェーン」の舞台になった美しい山並み

グランドティトン国立公園


グランドティトン国立公園
このグランドティント国立公園では、映画「シェーン」の舞台となった美しくそそり立った山並や、その岩山群と、スネークリバーに沿って

広がる風景を楽しめます。
グランドティトン国立公園

車で回りながらビューポイントで休み、ハイキングコースを歩くことができます。公園内には、乗馬ツアーもあるし、

サイクリング、魚釣り、ゴムボートに乗って川を下るラフティング、湖でのカヌー、森でのキャンプ
などができます。

まさにビックアメリカが堪能できる地域でもあると思います。


■アウトドア関連誌参照

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2013/01/12|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。