アウトドア通信

アウトドアグッズなどに関する総合サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. --/--/--|
  2. スポンサー広告

名峰筑波山~関東が誇る百名山

西に富士、東に筑波とうたわれる万葉の時代から愛され親しまれて来た関東が誇る名峰筑波山。古代平野の尽き果てたところに見えることから"尽端(つくは)の山"と

言われたことからその名が付いたと言われています。都心から近く年間200万人の人が訪れるそうです。

ここには筑波山神社というものがありますが、山自体が神社の御神体ということになり、山そのものを祭っているということで、奈良時代から信仰の歴史もあります。

またこの場所は、江戸城から北東にありすなわち鬼門の位置として江戸城を守護していたということです。


ここ筑波山には、筑波梅林があったり桜などの花がふもとを彩っています。それらの花もすばらしくきれいです。また登山の途中には

弁慶の七戻り母の胎内くぐり などの奇岩・巨岩もあり登山者が興味をそそられます。また筑波山は"がまの油売り"で有名でその四六のガマの口上は

女体山入り口の巨岩・ガマ石に願かけして作ったものといわれているそうです。このガマの油売りの口上は、がま公園内で演じられているとのこと。
ちなみにがまの口に似た巨岩・ガマ石の口の中に石を投げ入れることができると願い事が叶うといわれているそうです。

このように男体山(標高870m)・女体山(876m)を有する筑波山は、年齢にかかわらず楽しめる親しみのある名山であるということには違いありません。


<MEMO>
■筑波山神社:筑波山の男体・女体の2峰に祀られた夫婦和合の神様、イザナギ・イザナミノミコトを祭神とする古社。明治の神仏混合禁止令で山内の伽藍は

破壊されてしまいましたが、現在の拝殿は明治8年に再建されたもの。神社下には、筑波名物のガマが飼われているがま公園があります。

■女体山の頂上からの関東平野の眺めは陸の松島ともいわれており、広大な田畑の中に点在する森や林はまるで島のように見えます。山頂には祠があり、大岩を天の浮橋がまたいでいます。


>>>
筑波山詳細~ウィキぺディア参照

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

タグ:アウトドア/キャンプ/テント
  1. 2015/12/19|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワールド・フライフィッシュ・チャンピオンシップ | ホーム | NASHICA(ナシカ) グランビューI 10×25 DCF BR-IR ブラック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://outdoor135.blog16.fc2.com/tb.php/307-5fa6cf82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。